「落っこちちゃったお月さん」

夕方はいつもわたしとプッチの散歩の時間。
今日も2人で歩いていると、プッチが何か見つけて、池のほとりに走りよった。

よく見ると、ぷかぷか浮かんでいるのは・・・もしかして、お月さん?!
「ど、どうしたのっ?!」

「ぼく、うとうとしてたら空からすべって落っこちちゃったの。」

わたしはとっさに腕を伸ばして、お月さんの手をつかんだ。

「あっ、ありがとう。そのまま空にぼくを放り投げて。」

えっ!お月さんを?空まで届くのかしら・・・。
「じゃあ、いくよ。いち、にぃの、さんっ!

――――

 

・・・・・・・・一瞬、どこまで飛んでいったか、わからなかった。
でもよく見るとちゃんと空の上にいた。
見上げるとまるっきり、いつものお月さんだったけど、
わたしにはちょっとこっち向いて笑いかけてくれたように見えた。

まだお月さんの手の感じが残ってる。大きくてあったかかった。
家に帰ったら、母さんに教えてあげよう。
きっと信じてくれるよ、プッチも一緒に見てたんだもん。

 

透明水彩・色鉛筆・ガッシュ

前のお話 / 次のお話

TOP