「音色が咲いた」

 

 さらさら笑う 風の日に
 いつもと違う 夢の中
 こぼれおちたり 浮かんだり
 空を泳いで 着くところ

 想い出色は いつまでも
 消えずにここで じっとする
 あの時聞いた 色彩と
 ゆれる旋律 流れてく

 リュートはそっと 話しかけ
 ぼくらだまって 耳澄ます
 星の数ほど たくさんの
 音色が咲いた きらきらと

 

 

 

 

 アクリル (B3)

前のお話 / 次のお話

TOP