*「音を集めて過ごす夜」

銀色の星がちらばる宇宙のどこかに、音使いたちの集まるおおきな樹があります。

年にいっぺんだけ、西の星が東へ移動する季節になると、一人一人好きな楽器を持ってやってくるのです。

いつも誰ともなく弾きだして
だんだん音が加わって
いつの間にかひとつの音楽になって
空一杯にやわらかく広がります。

そして音色はどこまでもおだやかで、樹の住人たちもうっとりとしています。

今日はなんだかさわやかな香りが漂ってきました。
集まってきた音のかけらがぶつかり合って、それが香りの粒になっているようです。

それがあんまり気持ちいいので、夜空がこっそりと、大きく伸びをしました。

 

油彩 (P40)

前のお話 / 次のお話

TOP