*「夕ましに 眠る若魚(わかな)と 飛ぶ老魚(おいな)

 

色づいた葉っぱがくすくすと笑う時刻、野原に生えてる螢石たちが一斉に目を覚まします。

今日は旅好きのパルが帰ってくる日です。一番にお迎えしてあげたくって、生れたばかりの若魚をひざに抱えて待っていました。

ふと空を見上げると、老魚がゆっくりと空中を漂っています。
「最近、めっきり目が悪くなってねぇ。でもここら辺の風はちゃんと道を教えてくれるから、ほんとに助かるよ」

こんなことをつぶやきながら、心から穏やかそうな顔をして、夕ましの空をまるで時間を忘れたかのように漂っていました。

ようやく帰ってきたパルも懐かしそうに老魚を見ています。後で旅の話と異国の音楽を聞かせてもらいましょう。

 

 

 

油彩 (F8)

 

戻る / 次のお話